本文へ移動

Staff Blog

サーモウッドファン増えてます!
2022-08-23
新しい小屋「アイリス」と「ダン」の前に広がるウッドデッキで使用したフィンランド製サーモウッド。
優れた断熱性とケミカルフリーの安全性。
軽量で組みやすく割れづらいサーモウッドは、本国フィンランドでウッドデッキ以外にもいろいろなシーンで利用されています。
建物の外装、内装問わず、ちょっとした飾り棚など家具にもオススメ。
そこで今回はInstagramでも紹介しておりました、ショールーム内でのサーモウッド活用法をご案内いたします!



フェンス利用
隣家や歩道との境界に建てるフェンス。
ショールームでは、この夏、シンプルなフェンスがお目見えです。
全長約27.5メートルの敷地に、3900x26x92のビス留めタイプのサーモウッドを30枚、柱として90角の防腐材を16本使用しました。
境界に段差があるため、高さを出して、目隠しとなる部分は上部のみ。
塗料はオリンピックマキシマムのセミトランスパーレント『タバコ』カラーで木目を活かし、柱は黒色でシックに仕上げてみました。
フェンスにとのお問合せも数多くいただいておりましたので、実物をぜひご覧ください
テーブル&ベンチ
先のフェンスと同様の素材でテーブルとベンチをスタッフが作成してみました!
ショールーム内に雑然と置かれていたベンチをみて、『ちょっと高めで座りやすい』とお客様が気に入ってくださったのがきっかけとなり、ご購入いただいた小屋に合わせて試行錯誤しながら作り上げた1点ものです

こちらのサーモウッドはリブ加工されたクリップ留め施工タイプを使用。
テーブルはフラット面、ベンチはリブ面を出してアクセントを付けました。
塗装はちょっとこだわってドイツ生まれの自然塗料“オスモカラー”を選択。
艶感がやっぱり違いますね
端材で小物作成
ウッドデッキを作成した際の端材でいろいろな小物作成がスタッフ感のブームに!
耐久性があるのでプランターにぴったりといろいろ作成してみました。

そんな中で次々アイデアを出してくるスタッフが独創的な作品を生み出しております。
ワインボトル置きや、アクセサリー棚、お部屋のアクセントにもピッタリ!
サーモウッド熱はまだまだ止みそうにもありません
Nor.t.h
〒047-0261
北海道小樽市銭函2丁目54-9
TEL:0134-61-7181
FAX:0134-61-7189
 
 
TOPへ戻る