Staff Blog
Home|Staff Blog
2019-07-31
床をどうするか。~木製ガレージ内装編①~
注目
今回も前回のブログの続きです。
 
 
 
外観塗装まで終えたショールーム敷地内の
木製ガレージ
ショールーム敷地内では、
完成後、木材のカットや試作品製作のための作業所として使用予定です。
 
 
 
プレカットした土台の上に建てているため、
すでに『床』となる部分はある状態。
 
 
 
そのまま使用でも問題はないのですが
その場合、今後土台が痛んでしまった場合の修復が難しいので
やっぱり
何か床材となるものを貼りたい!
 
 
用途的に汚れても傷ついても気にならない頑丈さ・無骨さのある材・・・
むしろ、汚れが味になるような材・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうです、いまこそ
サークルソーウッドの出番ではないですか!
Nor.t.hの最終兵器、これがサークルソーウッドだ!無骨!!
水性のマットな仕上りの塗料にて塗装時。
オイルステインやワックス使用。
キャスターを付けてテーブルをDIY。リビングに置きたいサイズ感で、仕上りはかなり渋い!男前!!(女性スタッフ製作)
サークルソーウッドは
表面を丸ノコで切り欠き加工してあるので、
塗装後は独特なヴィンテージ感が出るのが特徴。
 
 
 
無骨な印象で、
使用感がでるほど魅力が増す材です。
 
 

そして、側面が凹凸になっている「実(さね)加工」がされているので
靴を履いて過ごす場所であれば
フローリングとして使用するのにもピッタリ!
 
 
 
これしかない!!!
 
 
 
あとは
マットな感じにするか、オイル・ワックス系で仕上げるか。
塗料によって『ヴィンテージ感』の方向性は異なります。
 
 
 
そうと決まれば、
まずはサークルソーウッドをカットして、
フローリング用ののり・フロア釘を使って土台に打ち込んでいきます。
 
 
床面積の3/4ほど貼った状態。手前が土台です。
床材を貼ったガレージ奥の部分。なかなか雰囲気いいです。
そして・・・
 
 
 
 
床、全て貼り終わりましたー!!
 
 
 
 
 
初めての床材取り付けでしたが、
集中して作業するってとっても楽しいー♪
満足感あります。
 
 
 
 
のり付け・釘打ちしている証拠写真がないのが
唯一残念ではあります、笑。
 
 
入口側から。やっぱり床材貼って正解!!
床から上にかけてのアングルです。隙間が空かないようにがんばりましたが・・・
今回はここまでです!
 
 
 
 
次回、塗装はどうする??編です。
 
 
 
 
外観の雰囲気、使用用途考えて、
みなさんでしたら、床材を何色でどんな仕上げにしますか?
 
 
 
 
わたしたちは・・・
 
 
 
 
 
 
 
それは、
次回までのお楽しみに!!
 
********************************
営業時間 10:00-17:00
お問い合わせTEL 0134-61-7181
定休日 祝日
--------------------
*Nor.t.hショールーム
*Facebookは こちら/Instagramは こちら
日々更新中です、ぜひご覧ください!
---------------------