本文へ移動

Staff Blog

フィンランド、名所・名店・名物。
2019-05-10
 
今回でフィンランド紀行最終回です。
 
わたくしが実際に立ち寄ること・食べることができた
フィンランドの名所・名店・名物のレビューです!
 
さっぽろ雪まつりの雪像にもなった大聖堂。
まずは、ヘルシンキ大聖堂!
 
石造りの街並みのなかにそびえ立つ、ヘルシンキのシンボル。広場にいる人びとの大きさでお分かりの通り壮大な建造物で、恰好の記念撮影スポットです。正面の大階段は本当に大階段なので笑、わたくしは登りませんでした…。
大聖堂広場向かい側には、人気のカフェやお土産屋さんが並んでいて、さらに5分程度歩くと前回のブログでご紹介したロバーツコーヒーもあります。
向かって右手の建物が「artek」です。
お次は、artek!  
 
フィンランドを代表するインテリアブランドのひとつ。
丸い座面のスツールが最も有名ではないでしょうか?
大きく2フロア展開で、1階は家具と雑貨、2階は家具と書籍のコーナーです。
1階の雑貨コーナーにはartekオリジナルテキスタイルのクッションカバーやバックなども多くありお土産にもピッタリ。
また、今回伺った際は日本人のスタッフの方がいらして、商品の説明をしていただき、とっても助かりました!!
 
接写で申し訳ありません・・・。なぜなら、写真を撮ったのが一口食べた後だったという、食べ物撮影あるあるです。
フィンランドといえば・・・
シナモンロール!
 
これは、<カフェ・アアルト>のもの。
カフェ・アアルトは、映画『かもめ食堂』でも登場した人気のカフェで先程のartekからほど近い場所にあります。
 
 そして、肝心のお味!
サイズはとっても大きく、しっかりした生地ながらも食感は比較的軽くて、ベタっとした甘さはないので予想に反して一気に食べられます、さすが美味♪
 
カフェ・アアルトは<アカデミア書店>という大型書店の中の2階にあるのですが、店内に置かれる本の装丁の美しさにうっとり・・・。装丁に関して日本とフィンランドではデザインの方向性がかなり異なると感じました。フィンランド語のものばかりで内容はさっぱりわかりませんが笑、お気に入りの装丁のものを見つけてお部屋に飾っても素敵かもしれません!
美しい本たち。かわいいですね・・・
このあと、じっくり本を眺めていたら、現地のご老人にフィンランド語で真剣に長時間話しかけられてパニックに・・・
ペーパーナプキンと、今の北欧スタイルを感じさせるグレーのパッケージのフレーバーティー。
近年日本でも注目のライフスタイルブランド、
PENTIK!
 
フィンランド国内では60店舗以上展開している、人気ショップ。日本には最近ポップアップショップなどで紹介されていて、注目を集めています。
生活雑貨から家具まで、様々なテイストのデザインがありますが、全体的には、手のぬくもりを感じ、北欧的デザインの中にもほんの少しエレガントな雰囲気が漂うものが多い印象でした。  
 
お土産に最適なすてきな雑貨多数! 写真のフレーバーティーはショールームのお客様へお出ししてもご好評をいただいています、おすすめ!!
 
 
では、ヘルシンキを飛び出して。
ラップランド地方・ロバニエミ郊外にあります、
サンタクロース村!
 
こちらのエリア近くにNor.t.hのログハウス製造工場があります。
この中は一大クリスマステーマパーク!なんていったって、本物のサンタさんがいて、一緒に写真撮影もしてもらえるのです。
そして、ここだけの話ですが・・・
サンタさんは少しだけ日本語を話せます!さらにギャグも飛ばしてくれて戸惑うこと間違いなしです。
 
 
マリメッコは?イッタラは?ムーミンは??
 
フィンランドを代表するものはたくさんあります。
ちなみに、マリメッコとイッタラのショップはヘルシンキ中心部にもあり
(特にマリメッコショップはたくさん!ラップランドのサンタクロース村の中にもあります)、
人気の高さを感じます。
 
よくショップをみかけるので、
あとでお買い物をしようとつい買い逃してしまった場合は・・・
 
 
大丈夫です、
ヘルシンキヴァンダー国際空港
には、
マリメッコ・イッタラ・ムーミンショップ、全てあります!!
各店舗のサイズは小さくても、人気アイテムが詰まった感じです。
 
そして上の写真の壁面は、
が使用されています。
ざっとみて横幅は15M以上、高さも5M以上にはなるはず
(正確な数値ではなく申し訳ございません!)。
 
積層がさりげないアクセントになり、
大きな空間でもとっても映えていました。
カラーはショールーム内でも使用している
プライウッドブラウンでした。
 

********************************
 
3回に渡りましたフィンランド紀行、
今回で終了です。
次回からは、また銭函の日々をお届けします♪
 
********************************
 
営業時間 10:00-17:00
お問い合わせTEL 0134-61-7181
定休日 祝日
 
--------------------
*Nor.t.hショールーム
*Facebookは こちら/Instagramは こちら
日々更新中です、ぜひご覧ください!
--------------------
Nor.t.h
〒047-0261
北海道小樽市銭函2丁目197-5
TEL:0134-61-7181
FAX:0134-61-7189
 
 
TOPへ戻る